サウスポーその2


18 Oct
18Oct

こんにちわ。

ピッチングコンディションの清水です。

前回の続きでサウスポー投手の解析です。

動画でないんで、分かりづらいんですが、右股関節の開きがどうしても早くなってしまうんです。そえによって、腕が遅れてしまい、痛みの原因になっています。


そして、ちょっとカラダのメカニック的な話なんですが、右股関節が内側に内旋といった動きをもっと取れるようになっていなくてなりません。

しかし彼の場合ですと、股関節が動いていないんです。

写真でちょっとキツそうな感じが分かりますか?投手の場合、もっと股関節が内旋、外旋の動きが出来ていないといけません。


下の写真をご覧ください。

股関節のモビリティーのトレーニング写真です。

90-90 ナインティーナインティー

といって、両膝、足首が90度になっているため、そう呼ばれています。


さらに、この姿勢は、股関節の内外旋になっているので非常にいい姿勢なんです。

ぜひお試しください。

ピッチングコンディションでは、投球フォームの解析からフォーム指導、そしてトレーニング指導、治療もやっています。

少年野球から高校野球、大学生プレーヤーも来ています。

気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。