フォーム指導 


05 Nov
05Nov

おはようございます。

ピッチングコンディションの清水です。

今日は昭島市より少年野球の選手が投球指導を受けに来てくれました。

上半身の使い方は非常に綺麗なんですが、

下半身がほぼ使えていないので、下半身を中心に使い方をレクチャーしていきます。


ベンチを部分練習に使用していきます。


下の写真をご覧ください。

軸足に体重を乗せる際に、上半身にひねりも加えますが、そこで肩のラインが少し下がってますよね?

そうすることで、より体全体を使って投球動作を行うことが可能となります。

私も肩のラインを水平に保って投げる方がいいんじゃないかな?

と思っていましたが、勉強をしていくと、軸足にのせてコッキングアップに入る際には、上半身を捻りながら、肩のラインが下がるように行います。

この投手も肩のラインが下がってますよね?

そうすることで、右の股関節にパワーがしっかり貯められ、左股関節の方にベクトルを向けていけます。


この練習ですが、いきなり全部の投球動作を行うのではなく、体重を乗せてから前に乗せるまでの動きを分解して行います。

体重をのせたら、前に体重を移していきながら、低い位置のままベンチに座るようにして行っていきます。


投球動作は悪い癖がついてしまうと、なかなか自分だけで治していくのは困難です。プロによる指導が大切です。

私たちピッチングコンディションは、選手をしっかり褒めることをモットーにやる気を引き出す指導を心がけております。投球動作に関する質問などありましたら、お気軽にどうぞ。

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。