Takao Shimizu


Takao Shimizu

ピッチング動作を最新、科学的、合理的理論でシンプルに指導していきます。もちろん、楽しくやらなきゃ意味がない^^

鍼灸按摩マッサージ師

柔道整復師

Active Release Technique Full Body provider 

Active Release Technique Master 

Functional Range Conditioning Mobility Specialist

高校まで野球をやっていました。バリバリの根性論で育ちましたが、英語を勉強し、多くのアメリカ人とお話をさせてもらったり、勉強をすることで合理的に行うことを学びました。

当然のことではあるかもしれませんが、アメリカと日本では野球に対する指導の仕方、考え方も異なります。ピッチングに関してもそれは共通していて、より効率的にケガの予防も第一に考えながら取り組むのが米国流です。

文化の違いを最も感じるのは、日本は投球動作において、上半身、特に肘の上げ方、使い方、肩の角度などを意識する選手や指導者の方が多い傾向があります。私もそう思っていました。

しかし、米国では下半身の使い方、右投手であれば右股関節から上半身、肩、肘、リリースといったようにカラダ全体、股関節の使い方を徹底的に行なっていきます。

またそうやった方がスピードも上がることも証明されていますし、怪我のリスクも軽減されることも判明しています。なので、メディシンボールなどを使って投げる投球動作訓練なども多いのも米国の特徴です。


ただひたすら、同じことをやらすのではなく、論理的に説明しながら、動画を見せたりして、自分でも感じてもらいながら、指導をしていくことをピッチングコンディションのモットーとしています。

脱 根性論。合理的かつ科学的な指導で肘肩の痛みの予防、スピードUPさせてみます!